私のクレジットカードの利用頻度は理想的である

半年程前に生まれて初めてクレジットカードを1枚だけ所持してみたが、これがなかなか使う機会に恵まれない。
もともと余り物欲がない上に、普段食料品を購入するディスカウントショップもクレジット使用不可である。また私はスーパー勤務で昼食は職場で買っているのだが、ここでも1%のポイント付与よりも10%の社員割引の方がお得なので使っていない。日常的によく購入する物品に対してはたまたま使えない環境にある。
今までクレジットを使った場面は、自転車の購入や滅多に買わない日用備品、2ヶ月に一回位の頻度で買う化粧品関係、そして通信費の支払いだ。私の日常生活の中でクレジットを使える機会は非常に限られている。
ただよく考えると、結果的にそれでいいのではないかとも思っている。確かに何かの物品やサービスを購入する際に、普通に100円支払うよりも99円で済むのであれば、長期的視点で見ればかなりの節約になるであろう。

しかし気をつけなければならないのは、ポイント目当ての為だけに買い物をしてしまう方も見受けられるが、それでは節約がいつの間にか無駄遣いへと転じてしまって、それこそ本末転倒である。クレジット利用者が陥りがちな傾向でもあろう。
この様なクレジットの危険性を踏まえれば、私の様なたまにしか使えないクレジット利用環境は理想的な経済バランスと思っている。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP